職に就いてのメリット

勉強

育休も産休も取れます

理学療法士の仕事は、以外にも体力を必要とされるものです。その理由は、怪我や病気などから障害を負い、リハビリステーションを受けていかなければいけない人に運動療法や物理療法を行なっていく医学的なリハビリステーションの専門家なので、患者の体を支えるため全身の力を要して対応しなければいけません。理学療法士は大学で資格を取得するために勉強する人もいますが、専門学校でも取得可能となっています。もし学力に自信がないという人は専門学校ならば、最低限の学力を持っているかどうかの試験を行なうところもありますが、大学ほどの学力を要されないので入学しやすくなります。そして専門学校の場合は大学とは違って本当に理学療法士に向けての勉強のみ行なわれます。理学療法士に向けて専門的に集中して勉強することができるので、専門学校で学べば十分なスキルを身につけられます。理学療法士になればたくさん稼ぐことができるというわけではありませんが、生活を安定させられるほどの年収はあるといわれています。そのため定年を迎えるまで職に困ることはないとも言われています。そして結婚して女性の場合は妊娠すれば産休を取ることができるようになっていますし、男性の場合は育休を取ることも可能となっています。そして福祉や看護師など医療関連の職では夜勤がありますが、理学療法士の場合はほとんど夜勤がない職とも言われています。体力を要される専門職ですが、人のために働きながら安定した収入を得られる職としてのメリットがあります。