資格が必要なプロの職種

施術

専門知識が身に付きます

理学療法士になるには、国家試験に合格したうえで資格を取得しなければなりません。国家試験を受けるためには、理学療法士を養成する機関において所定の課程を修了し、専門知識を得ることが必要になります。理学療法士を養成する機関は、大学、短期大学、専門学校があり、3年以上学ぶことになります。専門課程が必要なので、学校に通うことは必須です。理学療法士は怪我や病気、障がいなどを持つ患者さんが、歩行などの運動機能を回復するためのサポートする仕事です。そのため、医療知識をはじめとして様々な知識が必要になります。専門学校では、実技授業を通して実践的なリハビリ技術を習得することが大切です。また、知識の獲得だけでなく、国家試験対策をしっかりと施してくれる専門学校ですと、安心して学業に打ち込むことができます。資格を取得した後は、就職活動が待っていますので、就職サポートが厚い専門学校を選ぶことで、希望とする職場に就職することができます。また授業の質が高いかどうかは、現役の理学療法士など臨床現場を良く知る講師がいるかということでもわかります。各専門学校は、有名講師やオリジナリティの高い授業をしているので、将来働きたい職場で活躍できるスキルを身につけることができるかどうかをしっかりと見極める必要があります。多くの専門学校で、オープンキャンパスや説明会が随時開催されていますので、是非各学校を比較検討してみてください。