最短で3年間で国家資格

紳士

医療スポーツ活躍はどこ

理学療法士は怪我や病気で身体に障害がある方の動作の回復や維持などを目指して運動療法や物理療法を行うことができる国家資格を有したものが従事できる職業です。理学療法士は病院、介護関連施設を勤務先とすることが多いですが、専門性を活かしてスポーツ選手と共に働くケースもあります。理学療法士の国家資格を取得するためには大学、短大、専門学校などの養成校で三年以上学ぶ必要があります。養成校には大学から専門学校まで選択肢があります。大学4年制、短大3年制、専門学校は3年生と4年制があり、それぞれ養成校で様々なことを学び理学療法士として基礎となる知識や経験を積んでいきます。病院や介護施設でのリハビリに従事することを主としてきた理学療法士ですが、近年ではスポーツ分野での需要も増えており、理学療法士を専属で抱えるチームも増えています。日頃から選手の体の使い方を見直すことが怪我を未然に防ぎ、体の使い方を変えることでパフォーマンスを向上させることができて高く評価されています。理学療法士の就職先としてスポーツチームからの需要も増えています。スポーツ分野に強い理学療法士を目指す方は養成校として専門学校も視野にいれると良いです。スポーツトレーナーの基礎から学び、学習プログラムもしっかり構成されいます。また医療の分野で活躍を目指す方には1年生から実技授業が組み込まれた専門学校もありますから、ご自身の進みたい道に合わせて専門学校を選ぶと国家資格の合格率も高く就職につなぐことができます。