勉強

職に就いてのメリット

理学療法士の資格を取るために大学で学ぶ人もいますが、学力にあまり自信がない人は専門学校でも資格取得は可能となっています。理学療法士は体力が必要となる仕事ではありますが、育休や産休が取れるほか生活が安定できる収入も得ることができ、定年まで職に困ることはありません。

施術

資格が必要なプロの職種

理学療法士になるには、専門学校に入学し、専門知識を得て国家試験を受けることが最短のルートです。オープンキャンパスや資料請求をして、各学校の特徴を知り、働きたい職場で働けるような専門学校を選びましょう。

紳士

最短で3年間で国家資格

理学療法士を目指す方は養成校で学び国家資格に合格する必要がありますが、大学、短大、専門学校と養成校も選択肢があります。医療の分野で活躍したい方にはより実技が充実した専門学校、スポーツの分野で活躍したい方にはスポーツに強い専門学校とそれぞれ特色があるのが特徴です。

授業に無駄がほとんどない

施術

長期的なビジョンを持って

理学療法士になりたいという将来の目標が固まっているなら、専門学校に進むのがおすすめです。専門学校の強みはカリキュラム内に無駄がほとんどない部分で、授業で取り扱っている知識をひと通り頭にインプットすることが、そのまま国家試験の対策へとつながります。もちろん、大学からも理学療法士を目指すことは可能ですが、このルートの場合には、理学療法士と関係のない授業の単位も取らないといけません。また、大学によっては理学療法士になるための勉強が単位として認定されず、結果としてかなりの勉強量をこなさないといけなくなるケースも考えられるので要注意です。専門学校であれば、卒業するためにはどの授業を取る必要があるのかをわざわざ考えなくていいので単純にラクですし、目の前の事柄に集中できる分だけ知識や技術の習得も早くなります。また、理学療法士を養成する専門学校は長期的なビジョンを持って選択することが大切です。例えば、大手と呼ばれる企業に理学療法士として就職したいのなら、都市部にある専門学校の方が有利ですし、これとは対照的に地元にある企業で働きたいのであれば、地元にある専門学校に進むのが賢明です。これは専門学校ごとに持っている人脈やパイプが異なるのが理由で、評判や通いやすさだけで判断するのではなく、卒業生の就職先などをホームページできちんと確認してから、志望校を決めるようにしましょう。一人前の理学療法士になるための第一歩は、専門学校選びから始まっていると言っても過言ではありません。